しんどい状態から解放されるために。

過敏性腸症候群への鍼灸治療

胃・十二指腸潰瘍とは


胃・十二指腸潰瘍(消化性潰瘍)は、消化管の粘膜が胃酸やペプシンなどの攻撃を受けて欠損する病変です。

胃・十二指腸潰瘍の原因


西洋医学的には、主に、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染によって胃粘膜障害を起こすとして考えられ、日本では、消化性潰瘍の90-95%を占めているとされています。

それ以外では、非ステロイド性抗炎症薬により、胃粘膜の防御機能が損なわれるとも考えられています。

 

東洋医学的には、胃炎同様、胃脘痛として扱われ、詳しくは、胃炎のページをご覧ください。

胃・十二指腸潰瘍に対する鍼灸治療


当院では、胃炎同様、本格鍼灸コースで対応いたします。