トイレを気にせず、大切なことに集中できるように。

過敏性腸症候群への鍼灸治療

下痢とは


 下痢とは、水分の多い液状の便を排出する状態をいい、浸透圧性下痢、滲出性下痢、腸管運動異常による下痢に分けられます。

下痢の原因


  • 浸透圧性下痢:牛乳に含まれる乳糖など吸収されにくい高浸透圧性物質が腸管内に存在することで発症します。牛乳を飲んで便が緩くなる方は、摂取を控えれば発症を防げます。
  • 滲出性下痢:細菌やウイルス感染による腸炎、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患によって腸管躄の浸透圧が上昇し、浸出液が腸管内に流入して腸管内陽が増加することで発症し、腹痛や発熱などの全身症状が見られることが多いです。
  • 分泌性下痢:コレラ菌や病原性大腸菌の毒素などによって発症します。
  • 腸管運動異常による下痢:甲状腺機能亢進症や過敏性腸症候群などで腸管運動が亢進して内容物の通過が早まって発症する場合と、糖尿病などで腸管運動が低下し、内容物の通過が遅延することにより、細菌が繁殖して吸収障害が起こる場合があります。

東洋医学では、下痢のことを泄瀉(せっしゃ)といい、急性のものは、外邪の侵入や飲食の不摂生で起こり、慢性のものは、五臓の脾・胃・腎の働きが悪くなり、消化吸収機能が低下したために起こると考えます。

下痢に対する鍼灸治療


当院では、脱水症状を伴う下痢や感染性下痢以外の、慢性的な下痢に対し、本格鍼灸コースで対応いたします。

最適な腹部や足のツボを1~数か所選んで、鍼や灸を使って治療していきます。また、下痢の場合は、他の症状が原因で起こることが多いので、下痢の症状を徐々に楽にしてから、根治していくようにします。