眼鏡やコンタクトの煩わしさから解放されるために。

眼瞼下垂 鍼灸

近視とは


網膜の前で結像し、遠くのものが見えにくくなる状態を指します。

近視の原因


  • 遺伝的要因:親が近視の場合、子どもが近視になる可能性は比較的高いようです。
  • 環境的な要因:近くのものばかりを見る機会が増えたために起こると考えられています。

東洋医学的には、目の使い過ぎ、勉強・働き過ぎなどによって、心気(しんき)が消耗したり、心労、思慮過度、性交渉(マスターベーションも含む)のし過ぎなどで、肝腎(かんじん)の精気が虚して陽気が不足して起こると考えられています。

近視に対する鍼灸治療


当院では、本格鍼灸コースで、五臓のどこに問題があるかを特定した上で、週2回程度を基本に継続的に治療していきます。

 

使うツボは、手足、背中、後頭部にあるツボで、目には鍼を打ちませんので、ご安心ください。

 

なお、小さなお子さんや敏感肌の方の場合は、刺さない鍼を使って調節しますので、当院にお任せください。