少しでもよく見えるようになるために。

老眼 鍼灸

老眼とは


老眼とは、水晶体の調節機能の低下で調節できる範囲が少なくなり、遠くが見える人は近くが見えなくなり、近くが見える人は遠くが見えなくなる症状を指します。

老眼の原因


老化によって、水晶体の機能が衰え、弾力性が失われてしまって起こると考えられています。

老化現象の一つで、進行を遅らせることはできても、防ぐことはできません。

眼精疲労はもちろん、肩こり、頭痛、吐き気などさまざまな症状へ繋がってしまいますので注意が必要です。

 

東洋医学的には、加齢老化、働き過ぎなどにより、目の精を養えなくなって起こると考えます。

老眼に対する鍼灸治療