視野が戻り、見えるようになるために。

緑内障 鍼灸

緑内障とは


緑内障とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明に至ることもあります。

日本緑内障学会によれば、日本における失明原因の第1位を占めており、40歳以上の日本人における緑内障有病率は、5.0%、20人に1人の割合で緑内障の患者さんがいるということになります。

緑内障の原因


原因はよく分かっていないようです。

以下のことが要因となると考えられています。

眼圧が高い、高齢者、両親や兄弟に緑内障の人がいる、近視、片頭痛

 

東洋医学的には、白内障同様、加齢老化などにより、目の精を養えなくなって起こると考えます。

緑内障に対する鍼灸治療


当院では、本格鍼灸コースで、原因を特定した上で、背中、手足のツボを使って根本治療していきます。

白内障に治療同様、目には刺しませんので、ご安心ください。