目の疲れから解放されて、大切なことに集中できるように。

近視 鍼灸

眼精疲労とは


眼精疲労とは、ものを見る作業を継続することで、目が疲れて視力低下や眼痛、頭痛、肩凝りなどを訴え、時には悪心・嘔吐も生じるような状態を指します。

 

【主な症状】

目の疲れ、住血、目の圧迫感、目が重い、目の奥が痛む、ドライアイ、目がかすむ、物がぼやけて見える、目を開けるのが辛い、まぶしく感じる、焦点が合わない等

眼瞼下垂の原因


西洋医学的には、以下のような原因が考えられます。

 

1 眼そのものの問題

  • 屈折異常:遠視、乱視、不適切な眼鏡による矯正
  • 調節異常:老眼などにより、ピントを合わせる調節力が低下
  • 眼位異常:斜視や斜位による
  • 輻輳(ふくそう)異常:輻輳とは、寄り目のこと。輻輳麻痺、輻輳痙攣が原因
  • 眼疾患:結膜炎、びまん性表層角膜炎など

2 全身の問題

  • 身体的な問題:他の疾患により全身状態が不良となる、疲労、睡眠不足による体調不良
  • 精神・心理的な問題:うつ、神経症、精神的ストレスが原因

3 環境的な問題

  • 無理な姿勢や長時間にわたるPC作業、液晶TV、スマホ、ゲームの画面の見過ぎなど

 

東洋医学的には、「目は、肝の官」といわれ、血液の貯蔵と調整作用のある、五臓の肝との関わりが強いです。

具体的には、以下のようなことが考えられます。

 

1 肝血虚証(かんけっきょしょう)

  • 肝血の調整機能が乱れ、目に栄養が行き届かなくなって起こる

2 肝腎陰虚証(かんじんいんきょしょう)

  • 長期のストレスや慢性疾患、老化により、肝血だけでなく、目の瞳孔をつかさどる腎精(じんせい)も不足することで起こる

眼精疲労に対する鍼灸治療


当院では、本格鍼灸コースにおいて、肝血虚証なのか、肝腎陰虚証なのかを特定した上で治療していきます。

眼精疲労の症例


<京都市中京区在住30代OL>

  • 問診により、仕事やプライベートのストレスが強く、引っ越しによる環境の変化から発症したため、肝腎陰虚証と判断。
  • 手足のツボを使い、肝血(かんけつ)と腎精を補う鍼治療を行う。
  • 2回の治療で症状が改善。