視界が戻り、見えるようになるために。

白内障 鍼灸

白内障とは


白内障とは、目の水晶体という部分が白く濁ることにより、視力が低下して以下のような症状がでます。

  • かすんで見える。
  • 明るいところへ出ると、まぶしくて見えにくい。
  • どんなに調整しても眼鏡が合わない。
  • ぼやけて、ものが二重・三重に見える。

白内障の原因


加齢に伴う、老人性白内障は、加齢によって水晶体に含まれるタンパク質が白く濁ったり、硬くなったりすることで起こります。

早い場合では、40歳代から始まり、加齢とともに増え、80歳代では、ほとんどの人に何かしらの白内障の症状がみられるといわれています。しかし、進行には個人差があり、症状があっても、見えにくさを感じないこともあります。

 

アトピー性の白内障や糖尿病による白内障は、30〜40歳代くらいの比較的若い方に発症する傾向があります。

 

妊娠中の母親の風しん感染で生まれつき白内障を発症しているケースや、けがや薬の副作用で白内障を起こすこともあります。

 

生まれつきに水晶体の濁りのある先天性白内障の場合もあります。

 

東洋医学的には、加齢老化などにより、目の精を養えなくなって起こると考えます。

白内障に対する鍼灸治療


当院では、本格鍼灸コースで、原因を特定した上で、手足のツボを使って根本治療していきます。

目には刺しませんので、ご安心ください。

白内障の鍼灸症例


60代男性(福知山市在住)

糖尿病を患い、来院。

本格鍼灸コースで原因を特定した上で、糖尿病の治療を優先することで治療を開始。

曲池(きょくち)、合谷(ごうこく)、照海(しょうかい)、脾兪(ひゆ)などのツボを使って治療。

週2回、7回ほどの治療で、目の濁り、かすみが取れ、車の運転に支障のないくらいまで回復した。