赤ら顔、カサカサ、ボコボコの肌がきれいになるために。

アトピー鍼灸の問診
院長自身が皮膚疾患を患い、鍼で完治した経験から丁寧に対応いたします。

アトピー性皮膚炎について


皮膚疾患は、東洋医学的には、五臓の肺の病と位置づけられています。
アトピー性皮膚炎を発症している患者さんの多くは、汗をかきにくく、体表に熱を持ち易い体になってしまっています。

そのため、体表の水分保水率が低下して乾燥しがち。さらに、体液の循環が悪く、むくみも生じています。

 

さらに、慢性的にかゆみがあり、かき壊し痕が表皮を通り越し、真皮にまで及ぶ皮膚炎は、肺の病症だけでなく、脾(ひ)の病とも言えます。かゆみには必ず熱が関与するので、熱を産生する気血(きけつ)の病でもあります。


食物を消化吸収して気血津液(きけつしんえき)を作り出し、気血の増減に関わる脾、蔵血作用を持つ肝が、患部の熱の産生に関わっていると考えます。

 

ストレスが大きな原因となっていることを考えると、肝の影響が大きいと考えられます。

 

このように、アトピー性皮膚炎は、肺、脾、肝の働きが悪くなった病であり、治療は寒熱の見極めが重要です。

アトピー性皮膚炎の病因


アトピー性皮膚炎の病因は、主に以下の4種類が考えられます。

 

・空気、水、食物の汚染によるもの

 汚れた空気、不純物の多い水、食品添加物が多い食品などが身体に蓄積され、皮膚や粘膜を過敏にして、かゆみを誘発する

・ストレス、イライラ

 精神的に落ち着かず、ストレスが溜まることで、かゆみを誘発する

内熱:体内に熱をこもらせる

 ステロイド剤などで外に出ようとする熱や老廃物を体内に閉じ込めてしまうことで、かえって熱を産生し、かゆみを誘発する

・運動不足

 運動不足により、筋肉が動かず、汗をかかないため、老廃物が外に出にくくなり、皮下に溜まってかゆみを誘発する

<参考>ステロイド剤の影響について


糖質コルチコイド

【正常な状態】

体内の副腎皮質ホルモン、糖質コルチコイドの働き

ステロイド剤とアトピー性皮膚炎

【病的な状態】

長期のステロイド剤の使用が上位のホルモン分泌を阻害している状態


ステロイド剤の使用を否定している訳ではありませんが、徐々に減らしていけるよう体質改善していくことが大切です。

アトピー性皮膚炎に対する鍼灸治療


当院では、できるだけステロイドを使いたくない、抗ヒスタミン剤から解放されたいという患者さんに対し、本格鍼灸コースで、徐々にカサカサ、ボコボコした皮膚の状態を改善し、熱感を取り、体液循環を整え、余分な老廃物を排泄できるようにして、滑らかな状態に変えていきます。

 

使うツボは、頭の百会、手の内関・列欠、足の太衝・三陰交・照海などのツボです。

患者さんの体質、回復状態に応じて、これ以外のツボを使うこともあり、特効穴というのはありません。

皮膚に出ている状態は同じようでも、病の原因は様々だからです。

 

生まれつきのアトピー体質の方や、大人になってからアトピーになった方もいます。

どのような形であれ、週1~2回継続的に通っている方ほど、治りが早く、皮膚の状態も良くなっています。

生まれつきアトピーだった方も、回復されています。

 

大切なのは、諦めずに継続的に治療を受け、ご自分でも当院からお伝えする健康面での注意点を守ること。

鍼を打つだけが鍼灸師の仕事ではありません。

どのような形でアトピーになったのかを突き止めた上で、心身の健康を維持するためのアドバイスも含めたものが治療として当院ではとらえています。

 

アトピー治療で有名な病院でも治らなかった、高校生・大学生が回復しています。

早く何とかしたいと、本当に願っている方は、今すぐお問い合わせください。


【患者さんの感想】

治療を受ける前は、鍼を使うということで不安もありましたが、治療を受ける前と受けた後で自分の身体が回復しているのを実感し、不安も吹き飛びました。

また、先生が的確に悪いところを当てられていたので、とても信頼して治療に通うことができました。

今まで、薬や漢方などアトピーがマシになるために色々なことをしてきて、鍼で良くならなかったら、もう頼れるものがないと自分の中で恐れていたため、良くなってきた今、鍼と先生に出会えて良かったと思っています。

これからは、自分自身でできる限り、体調を管理しながらも、治療に頼れるところは頼って生活していきたいです。

京都市右京区/大学生/22歳