安心して産めるために。

逆子イメージ

逆子とは


子宮内の胎児が下半身を子宮口の側に向けた胎位をいいます。

妊娠30週までは、ほぼ半数の胎児が逆子で、特に問題がないのですが、32週を過ぎ、妊娠後期まで逆子ですと、固定化してしまい、難産になる可能性が高くなります。

逆子の原因


【母体側の要因】
子宮内の容積が狭いなど胎児が動き回る十分なスペースが不足している、あるいは逆にスペースが広すぎて胎児の位置が一定に定まらない場合に多いようです。


【胎児側の要因】
体が大きすぎるなど子宮内で十分に回転できない、あるいは逆に小さすぎて動き回れすぎ位置が一定しない場合に多い。

へその緒が短すぎる、あるいは長すぎて臍帯巻絡を起こしている場合もあります。

逆子に対する鍼灸治療


当院では、本格鍼灸コースで、問診や触診を通じ、母体の状態を確認した上で、足の末梢のツボを使ってお灸していくと、胎内環境が好転して、胎児が動き易くなり、逆子が治っていきます。

帝王切開の必要がなく、逆子が治って無事自然分娩したケースもありますので、気になる方は、お早めにご相談ください。

気になる方は、できるだけ早くご相談ください。