当たり前だった痛さ・つらさを軽減するために。

三陰交に鍼
月経困難症で比較的良く使うツボに鍼をしています。

生理痛・月経困難症とは


 生理痛とは、月経期あるいは月経の前後に起こる下腹部痛、腰痛をいい、月経困難症と同義です。初潮から数年間あるのが普通ですが、月経周期が安定してきても引き続き強い痛みがある場合は問題です。

月経困難症は、以下の2つに分かれます。

・機能性月経困難症:骨盤内に問題がないもの

・器質性月経困難症:子宮や卵巣、その他骨盤内に問題があるもの

生理痛・月経困難症の原因


 西洋医学的には、月経困難症の原因は、次のように考えられています。

・機能性月経困難症:ホルモンの過剰産生、子宮筋の過緊張

・器質性月経困難症:子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫など

また、東洋医学では、痛経といい、気血(きけつ、エネルギーや血液)の流れがスムースでないと起こると考えています。

 

発生するのは主に、以下の3パターンです。

 

1 冷えや湿気によるもの

  • 月経期に雨に濡れる、水泳、生冷の飲食、湿気の多い所に住んでいるために下腹部が冷えて、気血が滞ってしまう
  • 主な症状:月経前・中の下腹部の冷たさを伴った痛み、激しいと痛みが腰背部まで達する、軽くその部を圧すると身をよじる程痛がる、温めると楽になる
  • 経血量は少ない、暗紫色、血塊が混じる

 

2 ストレスによるもの

  • ストレスによって、気血というエネルギーが頭に上り、下に降りずに気血が滞ってしまう
  • 主な症状:月経前・中の下腹部の張ったような痛み、軽くその部を圧すると身をよじる程痛がる
  • 月経がスムースに来ない、経血量は少ない、血塊が混在、胸肋部や乳房の張ったような痛み

3 先天的なもの、過度の性行為によるもの

  • 先天的な滋養不足、性行為により滋養を消失してしまい、月経時に負担がかかってしまう
  • 主な症状:月経中・後の下腹部のシクシクした痛み、 軽くその部を圧すると楽になる
  • 経血色は、淡色、腰背部のだるさ・痛み、頭痛、耳鳴り、顏色蒼白、精神倦怠

普段から、生理前から生理中は温かいものを食べ、適度に運動することで体を温め、ストレスを溜めないよう、リラックスすることが肝心です。

 

軽度の痛みは問題ないですが、動けなくなる、薬が手放せない方は、鍼灸治療を受けられることをおススメいたします。

月経期に気をつけたいこと


月経期間中は、女性の性生殖器が開いている状態なので、邪気の侵入を許しやすく、疾病が生じやすくなるため、注意が必要です。具体的には、以下のようなことに気をつけましょう。

 

1 清潔に保つこと
 外陰部を生活に保ち、疾病の発生を防止することが大切です(性行為を避け、浴槽に浸かれることや水泳も控える)。

2 過労を避ける

 月経による出血で体力が低下している時に、過度の労働を行うと、気を消耗して血を動かすため、月経過多・経期延長になり易いので、肉体労働や激しい運動を避けることが大切です。

3 外邪から身を守る

 月経期は、人体の抵抗力が低下し、寒湿により血行が悪くなる傾向があるため、月経不順・月経痛を生じ易いです。月経期間中は、身体を温かくして、寒邪が入らないようにすることが大切です。雨に濡れないよう気をつけ、冷水で足を洗うことや冷水浴は避けましょう。

4 節度ある食事

 月経期間中に、香辛料のきついもの・熱過ぎるものを過食すると、血流が強くなり過ぎることがあります。また、アイス・清涼飲料水など冷たいものや、お刺身・生野菜など生もの、チョコレート・ケーキなど甘過ぎるものを過食すると、血行が悪くなります。

5 感情を和やかに

 月経期間中は、血が降りる分、相対的に気が上り易く、この時期に感情の乱れがあると、月経期の不快感が増して月経不順となります。精神状態をリラックスさせ、緊張感、イライラ、恐怖感などを取り除くようにしましょう。

生理痛・月経困難症への鍼灸治療


当院では、東洋医学的にどこに問題があるかを探った上で、少ないツボを使った鍼灸治療で、身体の気血の流れを整え、内側から温めて体質改善できるようにしていきます。必要に応じ、食事の摂り方、ご自宅でできる運動もお伝えしています。

週1,2回、1か月~3か月の治療で、自律神経を整えて月経周期を安定させ、痛みが消失するような体に変えていきます。

そうすれば、生理が来るのが怖くなくなり、仕事や好きな事に専念できるようになるでしょう。

当院では、本格鍼灸コースで対応しております。

気になる方は、できるだけ早くご相談ください。