明るく前向きに人生を楽しめるように。

更年期障害鍼灸

更年期障害について


40代~50代は、役職についている、部下が増える、より高度の専門性を求められるなど、仕事が充実すると一方で、プライベートでも母・妻としての役割、親の介護もある、多忙な世代です。

 

半面、心身の不調を感じているのに、「私がやらないと」と、つい頑張り過ぎてはいませんか?

でも、肩こりが辛い、急に汗が出る、やる気が出ないなどの症状は、単なる疲れのせいだけではないかもしれません。

 

確かに疲れはあるけれど、何か今までとは違う。そんな心身の変化を感じているなら、それはホルモンバランスの乱れからくる、更年期の症状の可能性があります。

 

一般に女性ホルモンは、卵巣機能が低下し始める40代以降一気に減少し、それに伴い、様々な心身の変化が起こると考えられています。首や肩のコリ、発汗・ほてり、冷え性、不眠・倦怠感、イライラなど。そんな症状がしばらく続くのが更年期症状や更年期障害と呼ばれるものなのです。 

 

日本女性の平均閉経年齢はおよそ50.5歳。個人差はありますが、その前後の45歳から55歳位が更年期と言われています。

以前のように頑張れない、集中力が落ちてきた、などを実感する人も多く、更年期症状は働く女性にとっても、深刻な悩みでしょう。

 

加齢に伴い、女性ホルモンであるエストロゲン低下によって、以下のような不定愁訴が発生し易くなります。

  • 40代以降:月経不順・不正出血、のぼせ・ほてり・発汗・めまい、疲労感・不眠・不安・憂鬱・物忘れ
  • 50代:腟炎・外陰部のかゆみ・性交痛・尿失禁、動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中
  • 60代:骨粗しょう症・認知症など 

更年期障害はなぜ起こるのか


更年期障害が発症する原因については、まだ不明の点が多いのですが、先に挙げた卵巣機能の低下が大きく関わっていることが確かです。とはいえ、更年期障害の程度は、個人差があることから、以下のような心理・性格的要因及び社会・文化的要因が関係していると考えられています。

  1. 閉経による女性美の喪失と老化(喪失感)
  2. 子どもの成長と母親役割の終了(空き巣症候群)
  3. 子どもの進学、就職などによる心配などからの解放(荷下ろし)
  4. 両親、近親者、友人の病気や死(孤独感)
  5. 夫のリストラ、定年後の経済的問題
  6. がんなどの病への直面と不安(現実的不安感)
  7. 夫と子ども、友人との人間関係問題(葛藤)
  8. 地区やサークルでの立場、役務(マネージャー症候群)
  9. 職場での管理職・先輩としての立場(サンドイッチ症候群)

子どもの進学、就職や結婚などにより母親としての役割が変化・終了し、家族構成が変わる時期です。

また、夫との関係も疎遠になりがちとなり、家庭内での会話の減少、孤独感が増す時期でもあります。

 

さらには、親や友人との死別など、強力な精神的なストレスが発生しやすい時期に当たります。

働く女性では、責任ある立場や地位にあるために、ストレスが大きくのしかかります。

 

このような状況下では、性格的・心理的な問題があれば、加えられたストレスは、一層厳しいものになります。

 

こういった背景が不定愁訴の発症に大きく関与しているものと考えられています。

更年期障害をいかに乗り切るか


エストロゲンは、生殖機能だけでなく、骨や血管、皮膚の張りなど女性の体を健やかに保つ上で大きな役割を果たしています。

更年期症状の緩和策としては、女性ホルモンを少量補うホルモン補充療法がありますが、薬が利用できない人や、ホルモン剤に抵抗感じる人にとっては難しいでしょう。

 

そこで、更年期症状を和らげ健康をサポートするものとして、エストロゲンに似た作用のある、大豆イソフラボンが含まれている、大豆製品を積極的に摂取することが必要です。

食事を和食中心にして、豆乳、納豆、豆腐、おから、などを常食することがオススメ。

エストロゲンという大切な「お守り」がなくなっていく更年期以降は、自分で体を守るという意識が大切です。

 

東洋医学では、更年期障害のことを「経断前後症」「絶経前後症」といいます。49歳前後になると腎気(じんき)が衰え、精血が不足することで、人体の陰陽のエネルギーバランスが崩れ、頭痛、耳鳴り、心悸・不眠、イライラし易い、ホットフラッシュ、発汗などの症状が生じます。

 

したがって、以下のような点に留意されることをお勧めします。

  • 感情の緊張を取り除き、精神状態をリラックスさせる
  • 慎みのある日常生活を送る
  • 飲食を節制し、消化器系に負担をかけ過ぎないようにする

更年期障害への鍼灸治療


 当院では、更年期障害の原因がどこにあるのかを東洋医学的に探った上で、少ないツボを使った鍼灸治療で、高ぶっている気を下げ、精血を補うようにしていきます。陽気不足の場合は、お灸も使っていきます。

 週1,2回、1か月~3か月の鍼灸治療で、心身を落ち着かせ、穏やかで前向きな気持ちになれるようサポートいたします。

 なお、当院には、他の鍼灸院にない、以下のような特長があります。

  • 大学で家族社会学・行動科学を学び、働く女性のカウンセリングを行った経験を活かし、あなたの状況を冷静に把握いたします。
  • 実母や元義母、元妻の更年期の状態を間近で感じてきたので、客観的な視点で身体の変化をとらえます。
  • 日本や台湾の鍼灸名人に師事し、高度な知識技術だけでなく、婦人科疾患に特化したツボも習得しています。
  • 最初の職場では、上司も含め、自分以外が全て更年期の女性だったので、お仕事ぶりも理解できます。
  • 気功、ヨガなど東西の養生法に通じているため、元気を高める方法を伝授できます。

少しでも早く、快適に日常生活を過ごせるよう、誠心誠意サポートさせていただきます。
更年期障害には、本格鍼灸コースで対応いたします。お気軽にご相談ください。