できるだけ手術を避けて、やりたいことに専念するために。

子宮筋腫腹診

子宮筋腫とは


 子宮筋腫は、女性ホルモン(エストロゲン)のはたらきによって発育する良性の腫瘍です。婦人科の腫瘍のなかでは最も多く、発生頻度は30歳以上の女性で20〜30%と推測されています。さらに非常に小さな筋腫も含めると、過半数の女性にあると考えられ、20代の女性にもみられます。

 子宮筋腫それ自体が生命を脅かすものではありませんが、放置すると10kgを超えるような大きさまでになることもあります。女性ホルモンによって筋腫が大きくなりますが、閉経後には小さくなります。

 症状としては、次のようなものがあります。

 月経過多、不正性器出血、腫瘤感、周辺臓気への圧迫症状、疼痛、不妊(一般女性の3~4倍)

子宮筋腫の原因


 はっきりとした原因は不明で、未分化な子宮平滑筋(へいかつきん)細胞が、胎児期の分化の過程で様々な影響を受け、筋腫の芽になる細胞が子宮筋層内に発生し、性ステロイドホルモンに反応して子宮筋腫に成長していくようです。

 東洋医学的には、感情の調和が失われ、過度な思い煩いによって自律神経が乱れ、不要なものが排泄されずに子宮内に滞ってしまった結果生じると考えられています。

子宮筋腫に対する鍼灸治療


当院では、できれば手術を受けたくないという患者さんに対し、本格鍼灸コースで、筋腫を小さく、または、大きくならないようにしていきます。へそ下のツボや手足のツボを効果的に使って、気血のバランスを整え、老廃物の排出を促します。

 

過去にあまりにも筋腫が大きい方がお見えになられましたが、当院では手術をお勧めし、手術後の体質改善を担当させていただきました。
筋腫があまり大きくない患者さんは、当院での鍼灸治療で、現状維持、または、縮小傾向に推移しています。

子宮筋腫は、大きくなればなるほど、縮小することは難しくなっていきます。

 

気になる方は、できるだけ早くご相談ください。