できるだけ手術を避けて、好きなことに専念するために。

卵巣嚢腫腹診

卵巣嚢腫とは


卵巣のう腫は、卵巣にできる腫瘍で、9割方が良性腫瘍とされ、片方または両方にできることもあります。良性のものは、偽粘液性嚢腺腫・漿液性嚢腺腫がよくみられます。

卵巣そのものは、「沈黙の臓器」と言われているほど症状が出にくく、痛みも圧迫症状もあまり出ません。

大きくなると、卵巣を支えている靱帯ごとねじれて激痛を起こすことがあります。また、中には悪性のものもありますので、婦人科検診で診断された場合には、早めに対応されることが望ましいです。

卵巣嚢腫の原因・特徴


子宮内膜症が原因で起こるチョコレート嚢腫以外は、西洋医学的には原因は分かっていないのが現状です。30代、40代だけでなく、10代~20代にも見られます。

東洋医学的には、感情の鬱屈によるものが多いとされ、月経不順あるいは消化器の失調により気血の流れが悪くなり、卵巣付近に病理産物が停滞して、しこりができると考えられています。また、急なダイエットや働き過ぎによって元気が低下して気血の流れが悪くなったり、月経期や産後間もない頃に冷気に当たることや性行為も気血の流れも要因となることがあるようです。

腫瘍の多くは下腹部の片側から上に向かって増大しますが、増殖は緩慢で、大きな腫塊を形成します。腫塊は球状で、多くは表面に光沢があり、上縁の境界がはっきりしていて触れることができます。

食欲・月経・排便・排尿は正常で、腫瘍が大き過ぎるようになるとやせ細ってきて、食事や月経、排便・排尿にも影響が出ます。

卵巣嚢腫に対する鍼灸治療


当院では、できれば手術を避けたいという患者さんに対し、本格鍼灸コースで鍼灸治療を行い、全身の気血の流れを整えて症状を改善していきます。大きな腫瘍は、腫瘍の周辺を囲むように鍼をしていきますが、程度によっては病院での手術をお勧めすることもあります。

いずれにしても、症状が深刻化する前に対処すると解決し易く、後悔せずに済みます。
気になる方は、できるだけ早くご相談ください。