原因不明の不安から解放されるために。

不正性器出血腹診

不正性器出血とは


女性器からの出血で生理時以外に出血することで、生理痛がひどくなったり、貧血になるほどの不正性器出血があったら、一度産婦人科に相談することをお勧めいたします。悪性のものには、子宮癌、卵管癌、膣癌、外陰癌、子宮肉腫などが隠れていることがあるからです。

東洋医学では、女性の月経期間外の陰道内出血、月経後に出血が続くものを「崩漏(ほうろう)」と言います。

不正性器出血の原因


西洋医学的視点から考えられる原因は、以下のとおりです。

 

【病気が原因の器質性出血】

子宮ガンや子宮筋腫、子宮内膜炎、膣炎など、子宮や膣などの病気によって起こる出血で、膣炎や子宮頸管ポリープ、子宮膣部びらんなどがあると、セックスのときに出血することが多くなります。

 

【ホルモンの乱れが原因の機能性出血】

ホルモンバランスが崩れたために起こる出血で、ダラダラと出血が続く無排卵月経や、月経前に少量の出血が続く黄体機能不全などがあり、脳下垂体や卵巣等、ホルモンの分泌に関係している器官の働きが落ちているなどのトラブルが考えられます。

 

【月経と月経のあいだに出血する中間期出血】

排卵期に、卵胞ホルモンの分泌が一時的に低下するために起こる出血です。

ちょうど排卵のころにいつも出血するのであれば、ほぼ中間期出血といえるでしょう。

 

【妊娠や全身の病気が原因】

妊娠すると、初期に少量の出血が起こることがあります。

甲状腺ホルモン異常の病気などが関係して不正出血や無月経、過少月経などが起こることもあります。

 

東洋医学的見地から考えられる原因は以下のとおりです。

 

【虚証】:人体に必要な物質や機能の不足した状態

  • 栄養失調、働き過ぎによるもの
  • 主な症状:月経不順となり突然起こる、またはだらだら出血して止まらない
  • 随伴症状:経血は淡紅色、倦怠感、息切れ、声に力がない、食欲不振
  • 先天的による元気不足、更年期、性行為のし過ぎ
  • 主な症状:月経が来るとなかなか止まらない、出血量多または、だらだら続く
  • 随伴症状:経血は淡紅色、小腹部の痛み、手足が冷たい、寒がり、大便の異常
  • 出血、慢性病、性行為のし過ぎ
  • 主な症状:少量の出血がだらだら続いて止まらない、または大量出血する
  • 随伴症状:経血は鮮紅色、頭が重だるい、耳鳴り、不眠、寝汗、腰や膝のだるさ

【実証】:不必要有害なものの存在とそれによる病理的反応

◆辛辣な食物の過剰摂取、外からの熱邪によるもの

  • 主な症状:通常の月経期間でない時期に急激に出血が起こる
  • 随伴症状:経血は深紅色、経質は粘調、臭みが強い、口渇、心煩、怒りっぽい、小便黄、大便乾結

◆脂甘厚味な食物の過剰摂取、外感湿熱によるもの

  • 主な症状:月経期間外の急激な出血、またはだらだらと出血していて突然大量に出血する
  • 随伴症状:経血は暗紅色、臭みが強い、出血に伴って米のとぎ汁あるいは黄緑色の膿状のものが出る、陰部の痒み等

◆抑欝(よくうつ)傾向が著しい場合

  • 主な症状:精神的刺激などにより誘発されて出血することが多い
  • 随伴症状:経血は紅色あるいは暗紅色、血塊が混入することもある、乳房や胸肋部の張ったような痛み、心煩、怒りっぽい、よく溜め息をつく

◆月経期や産後の悪露(おろ)が尽きない時に、寒や熱を受けたり、気鬱がひどいとき

  • 主な症状:月経が停止している期間がしばらく続いた後に突然大量出血する、出血後継続して漏れている
  • 随伴症状:経血は紫暗色、経質は粘調で血塊がある、小腹部は触られるのを嫌う、出血後は痛みが楽になる

養生としては、生ものや冷たいものの飲食を避け、働き過ぎないようにすることです。

東洋医学的にみれば、いかに、食生活やストレス、仕事が病の原因になるかがわかるかと存じます。

不正性器出血への鍼灸治療


当院では、本格鍼灸コースにおいて、東洋医学的な見地で原因を特定してから、鍼灸治療を行います。

頭、手足、お腹、背中のツボのうち、数か所効果的なツボを選んで治療していきます。症状が軽ければ、翌日~数日に改善することもあります。

※効果については、個人差があります。