コリ、膝痛、腰痛、ぎっくり腰を早くなんとかしたい方へ

腎兪にお灸
腎兪(じんゆ)というツボにお灸をしているところです。

京都さとう鍼灸院には、肩こりや腰痛にお悩みの患者さんがよく来られます。

整体や鍼灸接骨院で継続的に施術を受けても、なかなか解消されたかった方も結構いらっしゃいますね。

「他院では、どのような施術をされたのですか?」とお聞きすると、肩こりの方は肩、腰痛の方は腰に施術され、ちょっと電気針をしてもらって終わり、というだけ。このような方は、意外に多いです。

 

それで治るケースもありますが、痛みが緩和されただけで、原因を取り除いたわけではないので、再発するケースがほとんどです。

 

東洋医学には、「通ぜざれば痛む」「営ぜざれば痛む」という言葉があります。

気血津液(きけつしんえき:エネルギーや血液等の体液)がうまく循環せず、滞っているために起こります。

一時的で、軽度な症状であれば、整体、クイックマッサージやアロマトリートメントで楽になった感じがするかもしれません。

 

頑固で、慢性的な場合は、骨や筋肉そのものが原因ではないため、患部に集中して施術をすると、一時的に収まっても、再発しやすいです。

 

ひどい肩こりや腰痛にお悩みの方の中には、強もみが好きな方が多いですが、繰り返すと、筋緊張や筋疲労を加速させ、余計悪化します。

 

強い圧をかけることは、安静作用があるので、看護師さんなど、ストレスの多い方は強もみを求める傾向があります。

 

そのため、クイックマッサージの常連さんになるケースも多いようです。

 

一方で、筋肉、筋疲労の仕組みをよく知っている、一流アスリートのスポーツトレーナーは、痛みを誘発するような強もみは行いません。

一流選手も、強いマッサージは嫌がります。

原因を探りながら、丁寧に適度な圧と時間をかけた施術を行うようです。

 

当院では、どの部位でよく起こるのか、どういう時に症状が悪化し、または改善するのか、左右差はあるのか、を丁寧にチェックした上で治療していきます。

 

必ずしも、肩や腰に鍼や灸をするわけではありません。

手や足、背中など、より適切なツボを使います。

指圧マッサージは、肩周囲はもちろん、全身をバランス良く緩めながら治療していきます。

 

ストレスが原因であれば、心理的なカウンセリングも行い、ストレスを緩和していくことで、症状が楽になることもよくあります。